内脂サポート 下痢
内脂サポートを飲むと下痢になると悪評が投稿されています。

発売してまだ間もないのに、ダイエット効果が高いとすぐに話題になった内脂サポートですが、口コミの一部では内脂サポートを飲んで下痢になったと低評価をつけている人がいます。

便秘は体重が増えてしまう原因の一つですが、だからといって下痢になってしまって体調不良になってしまうのは嫌ですよね…

本当に内脂サポートで下痢になってしまうことはあるのでしょうか?

原因を調べてみました。

下痢の原因である成分って?

内脂サポートには腸内環境を改善する効果のある「ビフィズス菌BB536」「ビフィズス菌B-3」「N-アセチルグルコサミン」が配合されています。

この3つの成分が生きたまま腸まで届くことで、腸内環境を改善させる善玉菌を増やし、強い整腸作用があることが認められています。

そのため、便秘でなかなかお通じがこなかった人も内脂サポートを飲むようになってから毎日お通じがきて、お腹の張りを感じなくなり、体重も減ったと高く評価されています。

しかし、逆にこの3つの生きたビフィズス菌によって、下痢を起こしてしまう人もいるようです。

ですが、もちろん内脂サポートを摂取している人のほとんどは下痢が起こっておらず、健康的に体重を減らすことができています。

なぜ一部の人は内脂サポートで下痢になってしまうのでしょうか?

過剰摂取で下痢になることも

内脂サポートは1日の摂取量は4粒とされています。

たったの4粒でしっかりと成分効果を発揮してくれるダイエットサプリなのですが、もちろんこれ以上多く飲みすぎてしまうと成分効果が強く出てしまう危険性があります。

4粒で十分な効果を得られるはずなのに、早く痩せたいからと過剰摂取してしまうことで、副作用として下痢になってしまっているようです。

内脂サポートは薬ではなくサプリなので、4粒以上少し摂ってしまったからといって、すぐに下痢になってしまうわけではありませんが、必要以上に摂取量を増やしてしまうと下痢などの副作用を起こしてしまうので、必ず摂取量を守りましょう。

4粒以上摂取したからといって、ダイエット効果が倍増するわけではありません。

むしろ下痢を起こして体調不良になってしまうことでダイエットの妨げになるだけでなく、健康にも良くないので気をつけてくださいね。

消化器系が弱い人は下痢になることも…

胃や腸が健康であれば、間違って飲みすぎたからといってすぐに下痢になってしまうことはありません。

しかし、元々胃や腸が弱く、頻繁に下痢を起こしているのであれば、内脂サポートの摂取量を減らす、もしくは摂取することは諦めたほうが良い場合も。

相当な症状でなければ、内脂サポートを飲んだことで体に負担がかかることはないのですが、心配な方はかかりつけ医に相談し、内脂サポートを摂取していいのかどうか診断してもらいましょう。

健康であれば、内脂サポートを飲んでも下痢になってしまうことはないので、安心してん摂取してくださいね。

もし下痢になってしまったら

内脂サポートが原因でなくても、あらゆる理由で下痢になってしまうことってありますよね。

もし下痢になってしまったら、無理に摂取を続けるのではなく、体調が良くなってから再開しても効果がなくなるわけではありません。

健康な状態の時に内脂サポートを飲んでいてももちろん問題はありませんが、下痢などの体調が悪い時に無理に摂取すると体調を悪化させてしまう可能性があるので、体調が治ってから再開してださいね。

内脂サポートは必ず下痢になってしまうのでなく、飲み方を間違えなければ健康的に痩せることができるダイエットサプリです。

無理なく体重を落としたい人は内脂サポートで、健康的にダイエットしていきましょう!